日本の伝統を守る京都の墓石屋

株式会社亘徳

寿陵とは

お墓参りでイメージするのは、ご先祖様や亡くなったご家族、近親者等を供養するかと思います。 このお墓は、ご自身が生きている間でもつくることができるます。

亡くなってから作るというわけではごございません。ここ数年、生前時に作る方が増えてきております。 このことを「寿陵(じゅりょう)」と言います。

生きている間に自ご自身や身内の墓のことを考えることは、決して縁起が悪いことではなく、仏教では縁起が良いとされており、メリットもたくさんございます。

完全オーダーメイド
墓石は縦長の四角い墓石にしなければならないと決まているわけではございません。
墓石もご自身の個性を出して、思い思いの墓石の形にすることが可能です。特に最近では、種類豊富なデザインが登場しています。場合によっては自分でデザインした墓石をつくることができます。
時間に余裕をもって向き合える
突然亡くなってしまった場合、身内の方が墓石の手配の対応をすることになります。故人のことを想うと一刻も早く墓石を準備しなければという気持ちになってしまい、考える余裕もなく作ってしまうことも少なくありません。
そうなった場合、後々後悔することになってしまいます。寿陵にすることにより、気持ちと時間に余裕を持って、より理想の墓石をオーダーすることが可能になります。
墓石で節税対策が可能です。
故人の財産が一定額を超える場合は、相続税が発生します。 墓地や墓石は非課税財産になるため、相続するにあたり非課税となります。
ご本人が家族に対して、亡くなった時に家族に墓石を作るよう依頼した場合は、家族に対して税金がかかってしまいますが、生前にご自身で墓石を作った場合は非課税となります。

改葬とは

毎日私たちが安らかな生活を送ることができるのは、祖先の歩みの上に成り立っているといっても過言ではありません。
これまでの人生を振り返ると、
「毎日大過に生活できていることを感謝したい」
「供養のため、今住んでいる近くにお墓を持ちたい」
と考えている方が増えてきています。
遠い場所のお墓を移転することを「改葬」といい、祖霊をご自宅近くに祀り、供養することは、とても素晴らしいことです。

弊社では、「改葬」をご検討の方のご相談を多数受け付けております。必要な手続や手順についても、丁寧に対応させていただきますので、安心してご相談くださいませ。

このような方はご検討ください
  • お墓が遠くにあり、なかなかお墓参りに行くことができない
  • お墓を管理をする人がいない
  • 複数のお墓をひとつにまとめたい
  • 他の宗教に改宗したい
  • 分家として納骨したい